【賢い人は知っている】お得な車の買い方

車を買おうとしている皆さん、こんな悩みはありませんか?

お得な車の買い方を知りたい
車の知識が無いから、買ってすぐに故障しないか不安

結論から言います

  • 年度末決算のある3月
  • モデルチェンジのタイミング
  • 他のディーラーとで競わせる
  • 車の知識が無い場合は、ディーラーが販売している中古車
  • 車の知識がある場合は、中古車販売専門店でID車両を購入

順番に見ていきましょう

目次

年度末決算の3月

年度末決算の時期では、車を販売しているディーラーがノルマを達成する為に、とても必死な時期です

もしもノルマが未達成の場合、減給や営業担当の入れ替え、最悪の場合は店舗を閉めざるを得ない状況となってしまいます

よって、この決算時期になると販売数を増やす為、普段より大きな値引きが期待できます

モデルチェンジのタイミング

欲しい車がモデルチェンジを控えてる場合、大きな値引きが期待できます

モデルチェンジする車は、旧型の在庫を早く処理したいが為に、安く売る傾向にあります

早く売り切れば人気が出るであろう新型の製造を増やせるからです

もし大きく変化しないモデルチェンジであれば、少しの違いで大きな値引きが出来るので絶好のチャンスです

ディーラー同士で競わせる

同じディーラーでも、店舗が違うと値引き率が異なります

複数の店舗で見積もりを取って、一番値引き率が高い店舗で購入するのが良いでしょう

ここで注意したいのが一度目の見積もりで決断しないことです

「他店では〇万円値引きだったのですが、もっと値引き出来ないでしょうか」と繰り返し値引き交渉しましょう

徐々に値引きされ、値動きが〇千円単位になったら値引きの限界が近いサインです

ここまできたら最後の一押し「〇万円まで値引きして頂けたら即決します」と言いましょう

高確率でOKが貰えます

ぜひチャレンジしてみてください

次に中古車編です

中古車販売店に行って買う

大きく分けて二つあります

●ディーラー中古車販売店
●中古車専門販売店

ディーラー中古車販売店

ディーラーが、自社の下取り車や展示車などを中心とする中古車を販売しています

価格が高めですが、走行距離は少なめで高品質な車が多いです。

中古車専門販売店

中古車を専門として販売している店舗です

代表的なのがビッグモーターやガリバーなどですね

低価格で希望の車が手に入りやすいです

一方で、中古車の状態判断が付きにくく、事故車や程度の悪い車を修理して再販している販売店もあります

オークション代行で買う

主に中古車ブローカーが行う販売方法で参加資格を持っていないと参加できない中古車オークションでユーザーの代わりに入札落札を代行してくれます

依頼者は「落札価格」+「オークション落札料8,000円~20,000円」+「月割自動車税」+「リサイクル費用」+「陸送費」+「代行手数料落札価格の3%~5%(最低3万円前後から)」を支払う必要がありますが、これを差し引いても中古販売店より安く買える傾向にあります

ですが外装・内装の整備・保証一切無し

落札価格が相場より無駄に高い場合もある

自分でネットオークション購入

「ヤフオク」などが代表的なものになります

ヤフオクは粗悪とは知らなかった事にして粗悪車を売る悪質な業者も横行しています

安全な保障は無い為、いくら安くてもおすすめはしません

「粗悪品が怖いから新車を買おう」と思った方

中古車を安心して購入出来る一つの基準として「ID車両」というサービスがあります

「ID車両」とは販売店とは直接関係のないNPO法人JAAA日本自動車鑑定協会に所属するクルマ鑑定のプロが第三者目線で中古車のコンディションを鑑定し、様々な項目を指標化し、エンドユーザーが安心してそのクルマを買うことができるように鑑定書を発行する(Goo-net)主催のサービスです

安心材料の「ID車両鑑定書」がある中古車を選びましょう

結局どこで買うのがいいの?

総合的に評価すると

新車

年度末決算の3月に複数の見積もりを取って値引き交渉

可能であればモデルチェンジするタイミングがベストです

中古車

車の知識が無い場合は、ディーラーが販売している中古車が一番安心です

車の知識がある場合は、中古車販売専門店でID車両を購入するのが望ましいでしょう

支払方法

購入先は分かったけど、支払方法はやっぱり現金がいいの?ローンを組めば安く買える?

結論から言うと

やはり現金払いが一番得です。

順に説明してきます

ディーラーローン

ディーラーローンは、ディーラーと提携している信販会社やクレジット会社によるローンで、年利は3~7%くらいで、残価設定型にしたりキャンペーンが適用されたりすると低くなります

ディーラーローンのメリットは、比較的審査に通りやすく、手続きも簡単なところです

その代わり「所有権留保」といって、返済している間の所有権はディーラーのままというデメリットがありますので、完済して所有権留保を解除しないと自分のものになりませんし、売却もできません

またディーラーローンは、借りるときに完済までの利息額が計算されていて、借入額と利息額の合計を返済期間に応じて等分する仕組みです

そのため繰り上げ返済すると、余分な利息を支払う破目になってしまいます

現金払い

・金利がかからない
現金一括払いでは、ローン払いの際に発生する金利がかかりません

ですから、ローン払いなどの他の支払い方法に比べれば、支払総額が安く済みます

・車の所有者が自分になる
現金一括払いの場合、当然ながら車の所有者は購入者になります

これに対しディーラーローンでは、支払いが終わるまではディーラーや信販会社を所有者とするのが一般的です

所有者が自分であれば、好きに改造もできますし、価格が落ちる前に売るなど、資産としての運用もできます

現金一括払いのデメリット

・手元の現金が大幅に減る
現金で一括払いをすると、一気に手元から数十万~数百万のお金がなくなります

それにより、病気やケガなどの不測の事態が起こったり、思いも寄らない出費が必要になったりした場合、お金が足りなくなることも考えられます

マイカーローン


対する銀行のマイカーローンは、年利が2~5%ほどです

一般的に審査は厳しく、職業や年収の制限があり、手続きに必要な書類を自分で用意する必要があり、実際の融資までには時間がかかってしまいます。

最悪なケースは、期限までにディーラーに入金できずに売買契約が解除され、違約金が発生するパターンです

ただし所有権留保はありませんし、繰り上げ返済の効果も絶大で、何より金利の安さが一番の魅力です

普段から住宅ローンや給与振込など、取引のある銀行のマイカーローンであれば審査に通りやすいでしょう

まとめ

車は高額な買い物です。無計画に購入すると、金額が膨らむ可能性が高くなります

安く・安心して買える様、計画性をもって行動しましょう

Twitter !
目次
閉じる