定年退職後に訪れる「お金の後悔」

定年まで働く予定の皆さん、こんな不安・疑問を抱いたことはありませんか

 ・今の生活を定年まで続けて、退職後お金に困ることはないか
 ・パチンコや競馬を続けて大丈夫かな?

この不安・疑問に対する「答え」を教えます

結論から先に言います

順番に説明してきます

  • 今までに副業をしておくべきだった
  • お金の掛からない趣味をもつべきだった
目次

副業をするべきだった

定年退職後、年金受給までの繋ぎとして違う仕事でもしてみようかな?

なんて思っていませんか?

定年後職に就いた場合、ほとんどの方は給料が激減します

こちらのグラフは年齢別の平均年収です

出典:リクルートワークス研究所「全国就業実態パネル調査」 注:中央3年移動平均により算出。2019年時点の数値。

定年退職の年齢60歳、65歳は急激に年収が減っているのが分かります

この原因は、働く時間が大きく影響しています

そこで年齢別の平均労働時間を見てみましょう

出典:リクルートワークス研究所「全国就業実態パネル調査」 注:中央3年移動平均により算出している。2019年時点の数値。

定年前の労働時間と比較すると減少する傾向にあります

これは、自ら短時間の就業を選んでおり、また雇い主も年齢を考慮し長時間労働させない様配慮しているからです

つまり、定年退職後は

  思っていたほどお金が貰えない
  時間には余裕がある
  現役ほどではないが、体力もまだまだ有り余る

といった状況になります

ここで、定年退職された方のエピソードを紹介します

Aさんは定年退職後、同じ仕事をパートで雇ってもらうことが出来たが、給料がかなり少なくなってしまいました

今以上に働けて、時給の良い仕事は無いかと探しましたが年齢がネックとなり新しい仕事を見つけることが出来ず、パートを掛け持ちしようにも、短時間・曜日指定・そして年齢がネックとなり、見つけることが出来ませんでした

そんな悩みを抱えているなか、友人からこんなことを言われました

「自分もパートに切り替えて給料は減ったけど、副業の時間を増やせたから現役の頃より稼げてるよ。」

Aさんはこの話を聞いて、驚きを隠せなかったと同時に後悔の念に駆られました

今から副業を始めるにも知識が無い為、満足のいく収入までにはきっと時間が掛かります

今思えば、副業をする時間は作ることが出来ました

仮に5年前から始めていれば、定年退職後でもパート収入の補填となっていたのではないかと

副業は、定年退職後に訪れる収入激少対策にとても有効な”材料”となります

副業は年数を重ねるごとに、知識が深まり収入アップが期待できます

若いうちから副業始めて、後悔をしない定年退職を迎え入れましょう

お金の掛からない趣味をもつべきだった

老後を豊かにする”趣味”

老後こんなことをしたいなと思っている方は居ませんか?

・定年退職後はのんびりゴルフ三昧
・時間に余裕があるだろうし、ゆっくり温泉巡りとかしたいな
・自分好みの車に改造して、毎日磨いて乗り回したい

こういった趣味は退職後に高確率で後悔します

なぜなら、ゴルフ、旅行、車などは趣味として非常にお金が掛かるからです

ここでお金の掛かる趣味を見ていきましょう


旅行
ギャンブル
ゴルフ

ひとつひとつの単価が高く、継続するためにも費用が掛かってしまう傾向にあります

それではどういった趣味が望ましいのか

お金の掛からない、定年退職後におすすめな趣味を紹介します

筋トレ
ジョギング・ランニング
バドミントン
卓球
テニス

一度道具を購入してしまえば、あとは体育館などの場所代しか掛からなく、かなり低い費用に抑えらえます
また、ハード過ぎない運動量であり続けやすく、健康維持、ストレス発散にとても有効です
健康維持管理が出来ていれば支払う必要の無かった生活習慣病の治療費を抑えることが出来ます

じゃあ、定年退職後にお金の掛かる趣味をやめればいいんじゃない?

やめられる強い意志があれば問題ありませんが、大概の人は積み上げてきた趣味を簡単にやめられないのです

その理由について説明します

● 車・ゴルフ
高い費用を費やし積み上げてしまった場合、いきなりやめてしまうのは”もったいない”と感じてしまいます
「ここまでお金を掛けたのだから、減らしてでも続けたい」といった心理が働いてしまいます

● 旅行・ギャンブル
旅行好きな・ギャンブル好きの方は、「あの景色が絶景だった」「パチンコで5万円儲かった」など高揚感を得たときに出るドーパミンが何度も出ています。このドーパミンは同じ刺激では出なくなってしまい、今まで以上の高揚感を得たいと本能的に思ってしまいます。定年退職になった途端、旅行に行かなくなる、ギャンブルをしなくなるというのは本能的に難しいです

以上のことから、お金の掛からない趣味への切り替えは、早ければ早いほど有効性が高いです

定年退職後に趣味を変えるのではなく、今から趣味を変える努力をしていきましょう

まとめ

定年退職後は、労働時間の短縮により自由な時間が増えると同時に、考える時間が増えます。

後悔するようなことがあれば、より考え込み悩みを深めて健康にも影響が出てきます

今から出来る努力をして、将来を明るく照らしていきましょう

Twitter !
目次
閉じる