やってはいけないお金の使い方【5選】

お金で破綻する人ってどんな人?
破産しないためにはどうしたらいい?

結論から言います

借金・税金・手数料に無頓着な人は破綻しやすい

特に次の五つは要注意

  • リボ払い
  • 自動車ローン
  • 住宅ローン
  • 保険(貯蓄型)
  • デイトレード(株)

順番に説明していきます

目次

お金で破綻する人ってどんな人?

大きく分けると次の三つに無頓着な人に陥りやすいです

  • 借金
  • 税金
  • 手数料

借金なんかしてないし
税金が大事なのは分かってるよ

多少の手数料はやむを得ないよね

そう思っている方は危険信号です!

借金、税金、手数料は私たちの生活で巧妙に襲い掛かってくるからです

具体的にどんなことに注意すればいいの?

では、具体的に見ていきましょう

リボ払い

正式名称はリボルビング払い

一定の額で返済していく支払い方法

このバック50万円だけど、リボ払いにすれば毎月の返済が楽でいいよね♪

これ絶対ダメー!!

リボ払いは年利15%です

この15%という数字、中身を知るとかなり恐ろしい数字なんです

実際に支払う額を見てみましょう

借入金額・・・500,000円
返済回数・・・51回(4年3カ月)
返済方式・・・毎月元金定額返済
実質年率・・・15%
返済総額・・・665,606円

回数ご返済額元金利息お借入残高
116,25010,0006,250490,000
216,25010,0006,250480,000
316,12510,0006,125470,000
416,00010,0006,000460,000
515,87510,0005,875450,000
615,75010,0005,750440,000
715,62510,0005,625430,000
815,50010,0005,500420,000
915,37510,0005,375410,000
1015,25010,0005,250400,000
1115,12510,0005,125390,000
1215,00010,0005,000380,000
1314,87510,0004,875370,000
1414,75010,0004,750360,000
1514,62510,0004,625350,000
1614,50010,0004,500340,000
1714,37510,0004,375330,000
1814,25010,0004,250320,000
1914,12510,0004,125310,000
2014,00010,0004,000300,000
2113,87510,0003,875290,000
2213,75010,0003,750280,000
2313,62510,0003,625270,000
2413,50010,0003,500260,000
2513,37510,0003,375250,000
2613,25010,0003,250240,000
2713,12510,0003,125230,000
2813,00010,0003,000220,000
2912,87510,0002,875210,000
3012,75010,0002,750200,000
3112,62510,0002,625190,000
3212,50010,0002,500180,000
3312,37510,0002,375170,000
3412,25010,0002,250160,000
3512,12510,0002,125150,000
3612,00010,0002,000140,000
3711,87510,0001,875130,000
3811,75010,0001,750120,000
3911,62510,0001,625110,000
4011,50010,0001,500100,000
4111,37510,0001,37590,000
4211,25010,0001,25080,000
4311,12510,0001,12570,000
4411,00010,0001,00060,000
4510,87510,00087550,000
4610,75010,00075040,000
4710,62510,00062530,000
4810,50010,00050020,000
4910,37510,00037510,000
5010,25010,0002500
5110601060

毎月元本を10,000円返済するためには、1回目の利息は6,250円を支払うことが分かります

そして返済総額665,606円と、165,606円も利息を支払うことになります

大手銀行 普通預金(メガバンク)は年利0.001%
個人向け国債は年利0.05%

50万円を銀行に1年預けても5円しか増えません

あなたは年利15%という数字が恐怖に感じませんか

自動車ローン

自動車ローンは年利2%です

リボ払いの15%に比べたら2%だし、大丈夫でしょ?

思い出してください、国債でさえは年利0.05%

国債の40倍もの年利を支払うことになります

また、車を所有することにより次の維持費が掛かります

まずは自動車税

自動車保有者毎年自動車の排気量によって自動車税を毎年納める必要があります

排気量2019年9月までに購入2019年10月以降購入
軽自動車1万800円1万800円
排気量1000cc以下2万9500円2万5000円
排気量1000cc超から1500cc以下3万4500円3万500円
排気量1500cc超から2000cc以下3万9500円3万6000円
排気量2000cc超から2500cc以下4万5000円4万3500円
排気量2500cc超から3000cc以下5万1000円5万0000円
排気量3000cc超から3500cc以下5万8000円5万7000円
排気量3500cc超から4000cc以下6万6500円6万5500円
排気量4000cc超から4500cc以下7万6500円7万5500円
排気量4500cc超から6000cc以下8万8000円8万7000円
排気量6000cc超11万1000円11万0000円

次に駐車場代

条件によって駐車場代は異なりますが、一般的には

地方・・・2,000~1万円/月
都心部・・・2万円〜3万円/月

が掛かります

そして車検代

種類特徴料金タイプ費用の目安
1.法定諸費用車の区分に応じた料金が発生する固定3~5万円
2.車検基本料車検を実行するのに必要な費用変動1~10万円
3.整備料金車の不調を改善するために必要な費用変動0円~

他にも保険代やガソリン代など、車を所有するだけで様々な費用が掛かってしまいます

住宅ローン

アパートを借りるより安いし、
ローンが終われば家は資産になるし大丈夫でしょ?

新築の家を購入した瞬間、家の価値は半分になると言われています

そして買った価値以上の支払いをする羽目になります

つまり負債超過になってしまいます

毎月の固定資産税も支払う必要があるし、数十年単位で補修費も発生します

住宅を購入する際は「家賃より支払いが安い」という安易な理由だけで購入することのないようにしてください

保険(貯蓄型)

「掛け捨て」ではなく、「保険」と「貯蓄」を合わせ持つタイプ「貯蓄型保険」

この”貯蓄”は増えますよって表向きは言いますが、実は手数料がかなり引かれています。

自分で投資信託して、資産を膨らましたほうがよっぽどタメになります。

しかも、「この時期になって解約すると返礼率が120%になってお得ですよ」

「ですが、違う時期に解約してしまうと返礼率80%になります」

・・・詐欺まがい!!

私の周りでは、どうしても必要になり、返礼率が低いときに解約したってことが多いです

自分で貯蓄して、好きなタイミングで使えるほうがいいですよね?

デイトレード

断言します、デイトレードはギャンブルであり、絶対にやらないでください

デイトレードとは、株の値動きを見て、安いと値段で買って、高くなったら売る。これを繰り返して利益を出していきます

株取引をする際は、証券会社に売買手数料を支払います

買う時も、売る時も手数料が掛かります

株の値動きは誰にも予測出来ません

常に売買手数料を受け取れる証券会社が一人勝ち状態なのです

まとめ

借金・税金・手数料に無頓着な人は破綻しやすい

特に次の五つは要注意

  • リボ払い
  • 自動車ローン
  • 住宅ローン
  • 保険(貯蓄型)
  • デイトレード(株)

お金が貯まらない人は、当てはまっていませんか?お金を守る力をつけて、お金に不自由のない生活をしていきましょう

Twitter !
目次
閉じる